※より、詳しい内容は各シンボルをクリックしてください。
ティーンチは、ほとんどのオールド・ワールド人にとって謎めいた存在である。
知られているのは、この神格が変化を規定するものであり、生成の過程を体現するものであるということだ。
魔術師や魔女、そして少なからぬオカルト信仰者たちの尊崇を集めるティーンチだが、その信徒らは彼を、目的の為の手段であり、、想像を絶する力を得るために通るべき道筋なのだと考えている。
もっとも、ものためには高価な代償を支払わねばならないのだが。
ティーンチ:Tzeentch
スラーネッシュは他の混沌の神々よりもはるかにオールド・ワールドでは受容されている。
スラーネッシュのひねくれた行状は、真っ正直に生きている民衆のほとんどからは拒絶されているが、中には彼が約束する自由や肉体的快楽に惹きつけられる者もいるのだ。
スラーネッシュはとりわけ貴族階級に人気が高いが、ときには平民が、退屈な骨折り仕事や不潔さ、隷属状態を忘れるために、密かにスラーネッシュを信仰することもある。
スラーネッシュ:Slaanesh
侵略者なら撃退もできるが、病ほど恐るべき脅威はない。
不衛生のはびこるオールド・ワールドでは、ほとんど防ぐ手立てもないからだ。
エンパイアの市民たちはナーグルのことを、目に見えぬ恐るべき脅威であり、命ある者の老衰の極みを体現するものだとみている。
ナーグルの信者は腐れ病や疫病を患い、自暴自棄になった者たちである。
そうしたエンパイアの裏切り者は、禍つ神への信仰が露見した時点で、群集からリンチにあって速やかな死を迎える運命にある。
ナーグル:Nurgle
コーン:Khorne
"血の神"コーンは、死や破壊を体現するものであり、エンパイア中のオールド・ワールド人たちに、戦慄や胴震いをもたらす。
理不尽な破壊や殺戮を推奨するコーンの教義は、よほど外道の横行する土地でもなければ、法や倫理にもとるものだ。
それでも、いくつかの無法地帯ではコーンがその力強さゆえに崇拝されている。

禍つ神々

ルイナス・パワーズ




































































人妻・熟女
inserted by FC2 system